十二月号(R3)

ようこそ俳句の未央(bioh)へ

稲畑汀子筆

 

    

 

 

 

古賀しぐれ

 

主宰 古賀しぐれの略歴
1950年滋賀県大津市に生まれる。 「しぐれ」は高浜虚子の命名。
1987年ホトトギスと未央に投句を始める。
ホトトギス主宰稲畑汀子に師事。
未央名誉主宰吉年虹二、前主宰岩垣子鹿に師事。
1994年ホトトギス同人となる。

 

 "新型コロナウイルスに対する 未央の対応について"
                                         
主宰 古賀しぐれ

平素は未央に格別のご高配を賜り有難うございます。

昨年は新型コロナ ウイルスにより自粛が続きました、本年こそワクチンでコロナが沈静化することを祈るのみです。

日本ではコロナは沈静化の兆しが見えますが、南アフリカで新型コロナ株が発見され、再度パンデミックの危険性が憶測されます。

例会も駅前第二ビルの学習センターでの再開ですが、第二ビルの他に産業構造館での例会も実施しますのでご注意下さい

 吟行も会場等の制約もあり暫く中止と致します。

各地の句会につきましては
基本的には各地句会幹事に委ねます。

 

鷹をクリック下さい約5秒啼きます

未央の紹介

未央のホームページへようこそ、 未央は、 ホトトギス系の日本伝統俳句の結社です。

未央は”びおう” と読みます 未だ半ばと言う意味で 日々研鑽して自己を磨こうと言う意味が
込められています

未央の歴史
昭和57年11月、高木石子(たかぎせきし)が大阪で創刊、石子の後吉年虹二(よどしこうじ)、
岩垣子鹿(いわがきしろく)が主宰を継承、
平成22年4月に古賀しぐれ(こがしぐれ)が主宰となる

 

俳句仲間のページはこの虚子館 をクリックして下さい (ブログのページです、登録をしてどしどし俳句を投稿して下さい。) 


 

 


近詠  主宰 古賀しぐれ の句

 

遠まはりしても踏みたき磴の秋

波の鴨波の光に見失ふ

自刃の碑せめて野菊を手向けたく

店守は鹿なり元祖奈良漬屋

千年の礎石もろとも末枯るる

 

 

 

 

 

 

 

            

主宰 12月号の近詠 及び他の選者の近詠

 

ことり塚      古賀しぐれ

白秋や天の果まで海の蒼

船音が波が遠くへ誘ふ秋

団栗山はまほろばの臍にあり

春日野の木の実が供物ことり塚

色変へぬ松禅を説く石構

遠まはりしても踏みたき磴の秋

ひねもすの日向は淡海吊し柿

波の鴨波の光に見失ふ

自刃の碑せめて野菊を手向けたく

山神に魂還し捨案山子

店守は鹿なり元祖奈良漬屋

千年の礎石もろとも末枯るる

 

 

 

 



加藤 あや

埋火の親指ほどの掻き出され

人は皆日向を歩き冬紅葉

尉となり見せる年輪桜炭

 


多田羅 初美

ナースなる吾子に看取られ冬ぬくし

いたつきの吾に枕辺の冬薔薇

このところ一雨ごとに寒くなる


 

北川 栄子

神の留守小さき地震にも抱く不安        

出雲へと瞬間移動神の旅        

着水の鴨渇水の湖に陣        



 

福本 めぐみ

御所近き今日の商い亥の子餅

青空を塗り込め銀杏黄葉かな

ねんごろに灰を育てて炉を開く


 

 

松田 吉上

俳徒みな裏道が好き冬ぬくし

通はねば消ゆる禰宜道木の葉雨

薬草を吊り深吉野の冬ぬくし

 



 

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近詠   各選者の句

 

尉となり見せる年輪桜炭  加藤 あや

いたつきの吾に枕辺の冬薔薇   多田羅 初美

着水の鴨渇水の湖に陣   北川 栄子

御所近き今日の商い亥の子餅  福本 めぐみ

通はねば消ゆる禰宜道木の葉雨  松田 吉上

 

かまくら

kamalura

 

 

 

大和しうるはし ご購入希望の方は左の鹿をクリック下さい

メールBOXに貴方様のご住所お名前希望冊数ご記入の上

送信下さい。

 

 

 

 

 

過去6ヶ月のホームページですクリックしてみて下さい

R3年6月号

R3年7月号

R3年8月号

R3年9月号

R3年10月号

R3年11月号

 

 

Copyright(c)2021biohAllRightsReserved.